• ホーム
  • 温泉で性感染症にかかるケースもある・・・性交渉無しでの感染から身を守る方法

温泉で性感染症にかかるケースもある・・・性交渉無しでの感染から身を守る方法

薬を飲む男性

一般的に性感染症の病原体は人体を離れて空気中や水中に晒されると短時間で活性を失ったり死滅するため、性行為以外で他に人にうつるケースは非常に少ないです。ただし一部の病原体は水分があれば一定時間は生き続けて感染力を保つことができるので、性行為以外の感染経路もないとはいえません。

性行為以外で感染する可能性がある性感染症は、梅毒とトリコモナス症です。いずれも病原体が人体から離れても水分があれば一定時間にわたり生き続けることができるので、この間に他の人が触れると感染する恐れがあります。

梅毒は梅毒トレポネーマと呼ばれる細菌に感染すると発症する病気で、感染経路のほとんどは性行為です。感染して発症すると皮膚に発疹ができて膿と共に病原菌が排出されますが、他の人が病原菌に触れて小さな傷口に侵入すると感染してしまいます。温泉などの共同浴場で梅毒患者が座った椅子や使用した直後のタオルには、病原体が付着している可能性があります。病原体が生きている間に他の人がこれらの物に接触することで、感染する可能性が考えられます。

トリコモナスの病原体はトリコモナス原虫と呼ばれる単細胞の寄生虫で、人体を離れても水分があれば長時間にわたり生き続けることができます。患者が使用して病原体が付着したタオルなどを湿った状態で他の人が触れることで、感染する可能性があります。トリコモナス症の患者と同居している場合は、患者が使用した直後のタオルや湿った衣類の扱いに注意を払うようにしましょう。

一般的に性感染症は日常生活では他の人にうつる心配がありませんが、梅毒やトリコモナスは性行為以外の感染経路も考えられます。温泉などの共同浴場で感染する可能性はゼロではありませんが、病気を防ぐための対策を講じることができます。洗い場で椅子を使う場合はゆすいでから座るようにしたり、他の人が使用したタオルを共有しないように注意しましょう。ちなみに温泉のお湯は温度が高いため梅毒やトリコモナスの病原体が生き続けることはできないので、浴槽のお湯を通して感染する心配はありません。温泉や共同浴場で性感染症にかかる可能性はゼロではありませんが、簡単な方法で感染を防ぐことができます。

共同浴場であれば、性病よりも感染力の強いレジオネラ菌の予防対策のために浴槽のお湯に塩素などの消毒剤が投入されています。性感染症の病原体はレジオネラ菌よりも弱いので、浴槽のお湯や水で性病をうつされる心配はありません。