• ホーム
  • カンジダ膣炎の症状が再発してしまうことが多い理由・・・菌は意外としぶとい

カンジダ膣炎の症状が再発してしまうことが多い理由・・・菌は意外としぶとい

カンジダ膣炎は性交経験がない女性でも発症する病気で、人によっては治療して治った後も再発を繰り返す場合があります。カンジダ膣炎の炎症が起こると性器や周辺の痒みや灼熱感などの症状が出て、痛みをともなうケースもあります。膣の内部で炎症が起こると、白色で粘性の高いおりものが出ます。いずれにしても炎症が治まるまでの間は、不快な症状が続くことになります。

カンジダ膣炎の病原体はカンジダ菌と呼ばれる真菌(カビの一種)で、健康な人の体に棲みついている常在菌のひとつです。普段は問題を起こすことはありませんが、何らかの原因で体の免疫力が低下すると異常に増殖して炎症が発症します。カンジダ膣炎の病原体は常在菌なので、体から完全に排除することができません。そのため、抗菌薬を使用して治癒した後も再発を繰り返してしまう場合があります。慢性的に性器や周辺が炎症を起こすと、外陰がんなどの悪性腫瘍のリスクを高めてしまうので注意が必要です。

カンジダ膣炎は治療後に再発を繰り返す点で、性器ヘルペスと似ています。ヘルペスは病原体(ウイルス)が神経節の内部に潜み続け、免疫力が弱くなると活発化して発症します。カンジダ菌も単純ヘルペスウイルスも、一度感染したら体から完全に排除することができません。

カンジダ膣炎を再発させないようにするためには、体の免疫力を低下させないようにすることが大切です。長期間にわたり過度の疲労やストレスを抱え続けると体の免疫力が低下してしまい、カンジダ菌が繁殖する恐れがあります。睡眠不足や偏った食生活も免疫力が弱くなる原因なので、健康的な生活をするように心がけるようにしましょう。

カンジダ菌は高温多湿の環境を好むという性質があるので、通気性を良くすることで再発を防ぐことができる場合があります。気温が高い時期になっても吸湿性が低くて保温性の高い合成繊維の下着を着用すると、カンジダ菌が増殖しやすくなってしまいます。気温が高い季節は通気性の良い下着を着用して、カンジダ菌が増殖しにくいようにすることも大切です。

カンジダ膣炎が何度も再発する別の原因として、免疫力を低下させるような慢性疾患に罹っているケースも考えられます。生活習慣を改善してもカンジダ膣炎を繰り返す場合は、糖尿病・肥満・他の感染症などが原因で免疫力が低下している可能性があります。カンジダ膣炎は抗菌薬を使用して治療をすることができますが、再発を繰り返す場合は免疫を弱めている原因を突き止めて根本的に対処することが大切です。